Fraps TOPページ
1. 購入&インストール
2. 初期設定
 ・Generalタブ
 ・FPSタブ
 ・Moviesタブ
 ・Screenshotsタブ
3. 使い方
購入&インストール
Frapsはシェア・ウェアです。$37[4,873円(税込)]を支払うことによりダウンロードが出来ます。2010年3月1日現在の最新バージョンは 3.3.1 です。

Frapsデモバージョンも用意されています。動作確認のために利用してみてください。但し、デモバージョンには「ビデオキャプチャ時間最大15秒/録画解像度はハーフサイズ/録画ソースにロゴが入る/スクリーンショット機能で保存できるファイルフォーマットはBMPのみ」という機能制限が付きます。
公式サイトからの購入
Fraps認定販売サイト(日本語)からの購入
初期設定
Generalタブ

・Start Fraps minimised
チェックを入れると、Frapsの起動時にFrapsが自動で最小化され、システムトレイに常駐します。

・Fraps window always on top
チェックを入れると、他のウィンドウに優先してFrapsが最前面に表示されます。ただしFrapsがシステムトレイに最小化されている間はこのオプションは無視されます。

・Run Fraps when Windows starts
チェックを入れると、パソコンを立ち上げた時、自動的にFrapsが起動します。
・Monitor Aero desktop(DWM)
FPSタブ

・Folder to save benchmarks in
2点間の平均フレームレート測定結果の保存先です。

・Benchmarking Hotkey
2点間の平均フレームレートを測定するのに使うトキーです。デフォルトは「F11」。
別なキーに変更したいときは、「Benchmarking Hotkey」ウィンドをマウスでクリックし、キーボード上の割り当てたいキーを直接押してください。
「Disable」をクリックすると、選択したホットキーが削除されます。

 ・Benchmark Settings
各項目にチェックを入れると、以下のような計測結果の詳細をファイルに保存する事が出来ます。これらは一般的なCSVファイルとして出力されているので、直接表計算ソフトなどに読み込ませることが出来ます。全てのファイルは自動的にファイル名/計測日時を与えられ、サブディレクトリに保存されます。この機能は全てのベンチマーク計測で利用できます:

FPS 毎秒ごとのフレームレート数を表しています。
Frametimes レンダーされた各フレームの時間を1/100秒単位で表しています。
MinMaxAvg トータルフレーム数、総計測時間、最低/最大/平均フレームレートを表しています。

・Stop benchmark after *** seconds
チェックを入れると、指定した秒数だけフレームレートを計測し、結果をファイルに出力し、自動的に終了します。

・Overlay Hotkey
フレームレートを表示させたり消したりするためのキーです。デフォルトは「F12」。
「Disable」をクリックすると、選択したホットキーが削除されます。

・Overlay corner
フレームレートカウンターを表示する場所を指定したい場合に利用します。プレイの邪魔にならない場所を指定するのが良いでしょう。
「Hide overlay」にチェックを入れると、フレームレートカウンターは表示されなくなります。
・Only update overlay once a second
チェックを入れると、フレームレートの更新が1秒間に1回だけとなります。
Moviesタブ

・Folder to save movies in
Frapsで撮影された動画の保存先です。デフォルトはFrapsがインストールされたディレクトリです。
「Folder to save movies in」ウィンドをマウスでクリックすることで、保存先を変更することが可能です。

・Video Capture Hotkey
録画を開始/終了するキーです。
別なキーに変更したいときは、「Video Capture Hotkey」ウィンドをマウスでクリックし、キーボード上の割り当てたいキーを直接押してください。
「Disable」をクリックすると、選択したキーが削除されます。

・Video Capture Settings
保存する動画のフレームレートを60fps, 50fps, 30fps, さらに最大100fpsまでの任意のフレームレートのいずれかから選択することが出来ます。
数値が高ければ動きの滑らかな動画が保存されますが、ファイルサイズは非常に大きくなります。
「Lock framerate」にチェックを入れると、指定したフレームレートを固定します。

「Full-size」を選択した場合、ゲーム側と同じ解像度で動画を保存します。
「Half-size」を選択した場合、ゲーム側の半分の解像度で動画を保存します。
・Sound Capture Settings
「Record Vista sound」にチェックを入れると、ゲーム内の音も動画に保存されます。
ゲーム内の音が不要なら、チェックをはずしておくと良いでしょう。

「Record external input」

・Hide mouse cursor in video
チェックを入れると、ゲーム内のマウスカーソルが撮影される動画に映らなくなります。

・Force lossless RGB capture(may be slower)

 Screenshotsタブ

・Folder to save screenshots in
Frapsで撮影されたスクリーンショットの保存先です。デフォルトはFrapsがインストールされたディレクトリです。
「Folder to save screenshots in」ウィンドをマウスでクリックすることで、保存先を変更することが可能です。

・Screen Capture Hotkey
スクリーンショットを撮影するキーです。
別なキーに変更したいときは、「Screen Capture Hotkey」ウィンドをマウスでクリックし、キーボード上の割り当てたいキーを直接押してください。
「Disable」をクリックすると、選択したホットキーが削除されます。

・Image Format
スクリーンショットのファイル形式です。
Windows Bitmap (BMP), JPEG (JPG), Portable Network Graphics (PNG), Targa(TGA)のいずれか好きなファイル形式で保存することができます。

・Include frame rate overlay on screenshots
チェックを入れると、フレームレートカウンター込みでスクリーンショットが撮影されます。
オフにしておけばフレームレートカウンター抜きのスクリーンショットを撮影することができます。
通常はオフ。

Repeat screen capture every *** seconds
チェックを入れると、再度キーが押されるまで、指定した時間(秒)毎に自動でスクリーンショットが撮影されます。
使い方
Frapsを起動したままの状態でゲームを起動すると、画面左上に黄色い文字でFPSが表示されます。

文字の表示位置は「F12」キー(デフォルト設定の場合)で変えることができます。
Frapsの「Video Caputure Hotkey」に設定しておいたキーを押すとキャプチャーが始まります。
キャプチャ中は左上の文字色が赤くなります。キャプチャ中は少し重たくなります。
もう一度「Video Caputure Hotkey」に設定しておいたを押すとキャプチャが終了します。
Folder to save movies inで設定したフォルダに、キャプチャしたaviファイルが出来ているはずです。
Copyright © 2010 - SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.
記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の商標、または登録商標です。
inserted by FC2 system